2017/10/03

子供の夜泣き対策~日本とアメリカの違い~

先日から妹が里帰りをしていて姪っ子の夜泣きで目がさめている嶋谷です。睡眠が浅いのか少しの物音で起きてしまう私にとって子供の夜泣きは辛いものがありますね。本当に世の中の子育て中の方とても大変ですね。
今回、そんな事があり、子供の夜泣きについていろいろ調べてみました。
そこで私が目にしたのは、アメリカの夜泣き対策!!

まず、【日本の夜泣き対策】を紹介します。
まず日本ではほとんどの場合、同じ部屋で寝ています。子供が泣き始めたら、すぐに抱っこなどして泣き止ませようとしますよね。泣く度にママが来ると、泣くとママが来てくれると学習してしまい、夜泣きが続いてしまうようです。でも日本は住宅事情などから、近所迷惑になるのではと放っておけないのも事実です。

170908_170922_健康にいいお話_子供の夜泣き対策~日本とアメリカの違い~3

 

では【アメリカの夜泣き対策】は?
アメリカでは、赤ちゃんと別室で寝ることも少なくないそうです。初めは泣かせたままで眠りにつくまでトントンしたり、声をかけたりするそうです。これを続けることで、起きてしまっても自分で眠りにつけるようになっていきます。

170908_170922_健康にいいお話_子供の夜泣き対策~日本とアメリカの違い~2

 

【放置=ほったらかしではない】
アメリカは子供を放置してるんじゃないのと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、放置=ほったらかしではありません。眠るまでトントンしてあげたり、声をかけてあげたりはするんですよ。そして時間を徐々に短くしていって、最終的に一人で眠れるように、いわば訓練していくのです。

夜泣きで悩んでいるママは、状況が許すようであれば、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

health & beauty SHIRAISHI Blog について

こちらは白石薬品オンラインショップのスタッフブログです。お役に立てる健康のお話や豆知識、薬剤師・登録販売者によるお薬のお話、スタッフの日常などを書かせて頂いております。
お得なキャンペーンについても併せてご案内しておりますので、ぜひご覧になってください!!

お試し3包
ENTRY
Read More