2017/02/28

アルコールの分解のしくみ

年末年始、忘年会や新年会でお酒を飲む機会も増えた人も多いかと思います。飲みすぎて気持ち悪くなったり、2日酔い…なんてことありませんでしたか?そこでアルコールの分解のしくみを調べてみました。

 

20161117_%e4%ba%8c%e6%97%a5%e9%85%94%e3%81%84%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84-1

 

口から入ったアルコールは胃から20%、小腸(十二指腸、空腸など)から80%が吸収されて血液に溶け込み、門脈から肝臓に運ばれます。

そして、アルコールの大部分は肝臓で分解されます。肝臓内では、まず、アルコール脱水素酵素やミクロソーム・アルコール酸化酵素により、アセトアルデヒドに分解します。

アセトアルデヒドは、悪酔いや二日酔いの原因ともなる有害物質です。顔面紅潮、動悸、吐き気、頭痛などを引き起こすのも、このアセトアルデヒドの毒性作用によるものです。そして、さらに、このアセトアルデヒドは、肝臓内のアルデヒド脱水素酵素により、無害な酢酸へと分解されます。この酢酸は血液により全身へめぐり、最終的には、水と二酸化炭素に分解され、汗や尿、呼気となって外へ排出されます。飲酒後に、息が酒臭くなったりするのはこのためです。

 

なるほど…。だから二日酔いになるのですね。

161216_170112_健康_親知らずって抜いたほうがいいの?①-3

 

お酒は適量を適度に楽しみます。

 

 

カラー版 医学ユーモア辞典 改訂第3版 エルゼビア・ジャパン(株)発行 2008年

関連記事

health & beauty SHIRAISHI Blog について

こちらは白石薬品オンラインショップのスタッフブログです。お役に立てる健康のお話や豆知識、薬剤師・登録販売者によるお薬のお話、スタッフの日常などを書かせて頂いております。
お得なキャンペーンについても併せてご案内しておりますので、ぜひご覧になってください!!

お試し3包
ENTRY
Read More