2017/02/02

簡単にわかる【軽い擦り傷切り傷 応急処置】

家庭内や仕事場、通勤/通学途中など日常の様々なシーンでつくってしまう傷。みなさんはどのように処置されていますか。そのまま放置なんてことも…。軽い傷やヤケドをした場合に昔から行われてきた処置は、とりあえず救急箱に入っている赤チン等の消毒薬を塗って、ガーゼを貼るというものだと思います。消毒のしずぎもよくないことがあります。消毒することによって傷を治すために働く細胞まで一緒に殺してしまい、治りが悪くなってしまう可能性が考えられています。これらの細胞がちゃんと傷を治すのを手助けしてあげるためには、傷が乾燥しないように何かで覆ってやる必要があります。そうすることによって傷の痛みは軽くなり、さらに早くきれいに治るようです。

161227_170131_豆知識_簡単にわかる【擦り傷切り傷 対処法】-1           161227_170131_豆知識_簡単にわかる【擦り傷切り傷 対処法】-2

前置きが長くなりましたが、家庭でできる軽い擦り傷、切り傷、軽度のやけどの応急処置は

①傷口を水で洗います。

②傷口には触らず、傷口のまわりについた水分のみふき取ります。

③出血している場合は清潔なガーゼ等で押さえ血をとめます。

④適切な被覆材をあて絆創膏や包帯で固定します。

最近は新しい治療(被覆材)が普及してきており、傷が乾燥しないように工夫された絆創膏(ハイドロコロイド素材の絆創膏)を貼ったり、傷口にワセリンを塗り透明なフィルム(ラップなど)で覆い、上からガーゼを巻きサージカルテープで止めたりします。

ここであげた処置法はあくまで軽いすりキズや切り傷の場合です。縫合や止血が必要な重症のキズ、異物がささったさし傷、強い打撲を受け裂けた傷などは必ず専門医を受診してください。また、糖尿病など、免疫が低下している可能性がある持病をお持ちの方も専門医を受診されることをおすすめします。

 

奈良県医師会ホームページ

【新赤本】第六版 家庭の医学 保健同人社発行

熊谷市ホームページ

関連記事

health & beauty SHIRAISHI Blog について

こちらは白石薬品オンラインショップのスタッフブログです。お役に立てる健康のお話や豆知識、薬剤師・登録販売者によるお薬のお話、スタッフの日常などを書かせて頂いております。
お得なキャンペーンについても併せてご案内しておりますので、ぜひご覧になってください!!

お試し3包
ENTRY
Read More