2017/02/01

骨と女性ホルモンの意外な関係

私も37歳になり、腰痛や膝の痛などを最近感じるようになってきました。世間でよく言われる加齢で軟骨がすり減ってきているのではないかと心配になったりもしています。

日本では45歳以上の3人に1人、特に60~80歳の女性の50~70%が骨粗しょう症にかかっていると言われているそうです。その結果、65才以上の女性の25%に骨折が発生していると言われています。

170105_170127_健康によいお話_骨と女性ホルモンの意外な関係-2

骨粗しょう症の発生率は女性が男性よりも5~6倍かかりやすいというデータもあるそうです。その原因に女性ホルモンであるエストロゲンが大きく関わっているのです。エストロゲンは骨からのカルシウムの溶け出しを防ぐ働きがあります。しかし、女性は閉経によってエストロゲンが急激に低下していきます。それに伴ってカルシウムが骨に不足し、骨粗しょう症となってしまうのです。また、カルシウムが骨から流出することによって、血管にカルシウムが溜まりやすくなり動脈硬化を引き起こす恐れもあるのです。

これらを防ぐには、まずしっかりとカルシウムを摂ること、適度な運動をすることで、加齢によるカルシウムの流出速度を遅れさせることが可能です。女性は特に気をつけたいですね。

170105_170127_健康によいお話_骨と女性ホルモンの意外な関係-3               170105_170127_健康によいお話_骨と女性ホルモンの意外な関係-4

 

「生化学からだの不思議を解き明かす」薬学博士 生田哲 著

鳥取県医師会ホームページ

関連記事

health & beauty SHIRAISHI Blog について

こちらは白石薬品オンラインショップのスタッフブログです。お役に立てる健康のお話や豆知識、薬剤師・登録販売者によるお薬のお話、スタッフの日常などを書かせて頂いております。
お得なキャンペーンについても併せてご案内しておりますので、ぜひご覧になってください!!

お試し3包
ENTRY
Read More