2016/10/31

カルシウムが効率よく吸収できる食べ物

カルシウムは体の機能の維持や調節に欠かせないミネラルのひとつで、体内の吸収率は他のミネラルとのバランスが影響します。

%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a6%e3%83%a0                    %e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a6%e3%83%a04

例えば、肉類やインスタント食品にはリンが多く含まれますが、リンを過剰に摂取するとカルシウムの吸収が阻害されます。また、カルシウムの摂りすぎも鉄などの他のミネラルの吸収を阻害してしまいます。栄養が偏らないように、バランスよく食べることが大切です。

 

カルシウムが、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、骨ごと食べられる小魚、豆腐や納豆などの大豆製品、野菜類や海藻などに多く含まれます。なかでも、牛乳や乳製品は、他の食品に比べてカルシウムの吸収率が高いうえに、1回の摂取量も多いので、効率よくカルシウムがとれます。

%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a6%e3%83%a02      %e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%ba         %e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%882  %e8%b1%86%e8%85%90          %e6%b5%b7%e8%97%bb

 

体内でのカルシウムの利用効率を高めるには、ビタミンDが必要です。ビタミンDを多く含む食品には、魚(イワシ、サンマ、サケ)きのこ(キクラゲ、シイタケ)などがあります。また、ビタミンDは、日光を浴びることで体内で生成されるため、外で元気に遊ぶことも大切です。

%e3%82%a4%e3%83%af%e3%82%b7    %e3%81%95%e3%82%93%e3%81%be   %e3%81%95%e3%81%91         %e3%81%8d%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%92     %e3%81%97%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%91

成人1人当たりが一日に摂るカルシウムの目標量が600~800㎎。成長期の子どもは700~1000㎎です。いろいろな食品からカルシウムを積極的に摂りましょう。

health & beauty SHIRAISHI Blog について

こちらは白石薬品オンラインショップのスタッフブログです。お役に立てる健康のお話や豆知識、薬剤師・登録販売者によるお薬のお話、スタッフの日常などを書かせて頂いております。
お得なキャンペーンについても併せてご案内しておりますので、ぜひご覧になってください!!

お試し3包
ENTRY
Read More